結婚式よばれ衣装

結婚式よばれ衣装

結婚式よばれ衣装

【サイトのご紹介】
結婚式マナーのキホン
いざというとき役に立つ、結婚式のマナーのキホンをお伝えしています。
招かれた際、当日までの準備、服装のマナーなどをご紹介。
スポンサードリンク
>結婚式よばれ衣装
◆自由な時間とお金のゆとりがあれば・・・?心のやすらぎが生まれます



晴れの場にふさわしい、あらたまった服装で出席するのが招待客の基本的なマナーです。
  主役はあくまでも新郎新婦であることを忘れずに、華やかながらもつつましい服装を
  心がけましょう。


キホンは礼装です。正礼装は主役である新郎新婦と両親が着用するものなので
一般招待客はそれより隠したの礼装にするのがマナーです。
洋装なら白・黒以外の色にしましょう。特に女性の場合は花嫁の色である白一色
のドレスは避けるのが常識中の常識です。また、黒は喪の色なので、光沢や
ラメ入りの華やかなデザインのもの意外は避けましょう。
和装なら未婚女性の正礼装は振袖ですが、中振袖か小振袖、訪問着が
無難です。既婚女性の場合は訪問着や色無地にしましょう。
付け下げなら未婚でも既婚でもどちらでも着られます。
男性客の場合は洋装が一般的です。披露宴には部落スーツやダークスーツで。
これらは時間帯に関係なく着られます。シャツは白、ネクタイは白黒のストライプかシルバーグレーなどの無地を。
夫婦での出席の場合格を合わせて。服の色合いを合わせたり妻のドレスの色と
夫のポケットチーフの色をおそろいにするなどしましょう。
「平服で」といわれても、普段着ではありません。
その場合は略礼装でいいですという意味なので要注意。
男性はダークスーツ、女性はワンピースやスーツで。
通勤着に華やかなアクセサリーやコサージュを足してみるのもよいでしょう。


スポンサードリンク

  Copyright (C) 2006 結婚式マナーのキホン All rights reserved