結婚式の女性の和装

結婚式での女性の和装

結婚式での女性の和装

結婚式マナーのキホン
いざというとき役に立つ、結婚式のマナーのキホンをお伝えしています。
招かれた際、当日までの準備、服装のマナーなどをご紹介。
スポンサードリンク
>結婚式での女性の和装




時間や立場によって装いは違ってきます。
  披露宴の雰囲気に合わせたキホンを知っておきましょう。


洋装との違いは、既婚か未婚かで礼装に違いがあることです。
また種類によって書くの上下が明確なため、洋装に比べて着こなしの
失敗も少なくてすみます。
一般招待客は色留袖を着用します。染め抜き五つ紋付の場合は黒留袖と
同格になります。三つ紋、一つ紋は格が低くなります。
色留袖は会場もあかるくなりおすすめです。
未婚者は中振袖が一般的です。親族や新婦の友人などが着用します。
未婚者も訪問着や付け下げなどは礼装になります。
着物の色柄は豪華で格調の高いものがよいでしょう。
帯締めや帯揚げなどの小物類は着物の格に合わせましょう。
和装の場合、ヘアスタイルはややボリュームを持たせながらもシンプルに
しましょう。
和装の場合はあごをひき、背筋をきちんとのばして着こなしましょう。
洋装の場合よりも歩幅を狭く、つま先をまっすぐにして歩くと美しく歩けます。

スポンサードリンク
  Copyright (C) 2006 結婚式マナーのキホン All rights reserved